家族葬のメリットと需要増加の理由

千葉などで行われる家族葬は親しい近親者のみで執り行なう葬儀で、費用を抑えたり故人との別れの時間を多く持てるという点から需要が増加傾向にあります。今回は、一般葬との違いや家族葬を選択することで得られるメリットについて詳しくご紹介します。

家族葬と一般葬の違い

まず家族葬と一般葬では参列する人数が異なります。一般葬の場合、故人が生前に関わりのあった会社関係やプライベートの友人などにも知らせる必要があるため、故人の付き合いの幅によっては参列者が多くなることも少なくありません。しかし、家族葬であれば家族や親類といった近親者のみで行うので少人数での葬儀になります。
また、一般葬は参列者によっては故人と面識があっても家族との面識がない人が参列することも多く、そういった点からマナーやしきたりを重視するのに対して、家族葬であれば身内だけで行うので礼節にこだわる必要はありません。
一般的な葬儀では何かと慌ただしくなりがちですが、家族葬ではそういったこともなくゆっくりと故人との別れを偲ぶことができます。家族葬を希望なら千葉でさがしてみてはいかがでしょうか。

基本的な家族葬の流れ

家族葬は、故人が亡くなられたら、まず葬儀社に連絡を入れて遺体の搬送と安置の依頼です。その後、葬儀社の人と葬儀についての細かい打ち合わせに入ります。打ち合わせの内容は、主にお通夜や葬儀の日にちと時間を決めたり僧侶の手配はどうするかといった話です。この時に、葬儀で使用する遺影写真を事前に用意できているのであれば同時に渡しておきます。
家族葬の場合、参列者が少ないこともあるので、一般葬のような受付や参列者の挨拶は特に必要ないことも多く、時間にも余裕を持つことができるのが特徴です。通夜が終わったら葬儀、告別式を行なって火葬という流れになります。近年では、参列者の予定なども考慮して火葬の時に初七日の法要も同時に行うケースが増えているため、そこで全てを行えば家族葬はひとまず終了です。

家族葬を選択する上で考えられるメリット

一般葬と家族葬では費用面で大きなメリットがあります。一般葬では故人の関係者が軒並み出席することも多く、参列者が増えるほど葬儀の場で出される料理やお返しの品といった費用が高くなることも少なくありません。しかし、家族葬であれば身近な人間だけで行えるので、料理も故人が好きだった物を揃えるなど臨機応変に対応ができて、全体の費用を安く抑えることが可能です。
形式に縛られないという点もメリットの一つといえます。仕事の関係者などが出席することもある一般葬では、故人に恥をかかせてはいけないという理由から、マナーを重視する傾向が強いのが特徴です。しかし、家族葬であれば身内だけで談笑をしながら故人の思い出について語り合うといったアットホームな雰囲気で故人を送り出すことができます。千葉の家族葬は人気があります。

地域の皆様に精一杯のサービスを。市川市・柏市・松戸市・船橋市にお住まいの方々のご葬儀は当社へお任せ下さい。 遺言や相続のことに関しましても当社では弁護士や税理士をご紹介できる形になっております。 当社はオリジナルの文章で会葬礼状を作成している為それぞれの想いと感謝を込めて言葉を表現していくことが可能です。 お客様の気持ちに寄り添いながらも心が温まるような素敵な時間を提供致します。 千葉県で家族葬をお考えの方は【昭和セレモニー】