「家族葬」について知っておきたいこと

最近では、社会における価値観の多様化などによりさまざまなスタイルの葬儀が存在しますが「家族葬」と呼ばれる小規模スタイルの葬儀はその代表と言えるものです。ここでは千葉で行う「家族葬」の特徴やメリット、そして注意点などについて紹介します。

そもそも「家族葬」とはどんなものか

葬儀というと、身内だけでなく、会社関係の人や近所の人などさまざまな人が大勢集まって行うというイメージがあります。しかし「家族葬」の場合は、会葬者を遺族や親族、そしてごく親しい付き合いをしている友人や知人に限定するというのが、大きな特徴になっています。従来の葬儀では、社会的な人間関係を重視する傾向にあったため、幅広い層の会葬者を招くのが一般的でしたが、最近では、価値観の多様化などにより千葉県などの都市部を中心として、身内だけで行う家族葬の需要が高まっていると言われています。家族葬の人数に関しては20~30名程度というのが一般的であり、100名を超える場合もある従来の葬儀と比べるとかなり小規模で行われるものだと言えるでしょう。

「家族葬」のメリットとは

千葉などで行う家族葬のメリットとしてまず挙げられるのは「アットホームな葬儀ができる」ということです。従来の葬儀だと、会葬者の人数が多いため、その対応に忙殺されたり、さまざまな人に気を使わなければならないことも少なくありません。しかし、家族葬のように身内だけで葬儀を行う場合であれば、気心の知れた身内だけで、ゆっくりと故人を偲ぶことができるでしょう。そして次に挙げられるメリットは、「比較的費用を抑えられる」ということです。葬儀費用というのは、会葬者の人数によって左右される場合が多いため、家族葬のように少ない人数だとそれだけ費用を安く抑えることが可能になるということです。家族葬の葬儀本体費用に関しては、40万~60万円程度が相場(一般葬の場合は100万円を超える場合もある)だと言われています。

「家族葬」を行うときの注意点

家族葬は、現代的なニーズに合った葬儀でありその需要も増えていますが、注意しておきたい点もあります。それは「社会的なお別れができなくなってしまう場合がある」ということです。つまり、家族葬では身内以外の会社関係者やご近所の人などを会葬者として招くということをしないため、社会的な人間関係への配慮ができなくなる場合があるということです。そのことにより、葬儀に呼ばれないことに不満を持つ人が出てくる場合もあるため、何らかの配慮が必要になると言えるでしょう。その解決方法としては、手紙を送るなどして家族葬への理解を求めるということがまず挙げられます。他にも、本来の葬儀とは別に「偲ぶ会」などを開いて、本来の葬儀に出席できなかった人たちを招くという方法もあります。