家族葬のメリットと注意点!

葬儀には様々な形がありますが、その中でも家族を優先して葬式を行うのが家族葬です。本当に近しい人にだけ葬式を行ってもらいたいという故人の意向によって行われるものですが、家族葬には様々なメリットや注意点があります。そこで家族葬のメリットや注意点をご説明します。

家族葬のメリット!本当に大切な人たちに見取ってもらえる!

家族葬のメリットの一つとして挙げられるのが、本当に近しい人物にだけ見取ってもらえることです。
基本的な葬儀だと多くの参列者に見取ってもらうことになりますが、家族葬の場合はあまり付き合いがなかった弔問客ではなく、家族や近しい人にだけ心から偲んでもらうことが出来ます。家族や近しい人物と葬儀を行うことになるので、参列者がグッと少なくなる分、遺族の方の負担が減らせるというメリットもあります。通常の葬儀では数多くの参列者に対する接待や葬儀場の準備など、必要以上の準備を迫られる可能性がある為、精神的にも肉体的にも負担が軽くなります。よって告別式などを行う必要もなくなるので、余計な費用をかけることがなくなります。

一般の葬儀とは違い、気を使わなくていい?

千葉の家族葬にはよりアットホームな葬儀が出来ること、心身共に遺族の負担が減らせる、余計なお金がかからないといったメリットがあります。
もちろん一般的な葬儀でも故人を偲んでいないわけではありません。しかし、一般の葬儀は家族葬と比べると、参列者のことを考えなければなりません。参列者の接待をしなければなりませんし、他の誰かから葬儀の内容や料理などに小言を言われたり、怒られたりと偲んでいる暇がない場合もあります。家族葬なら家族で偲ぶだけなので参列者の接待をする必要性もなければ、そこまでこだわりを入れる必要もありません。また、葬儀の形式に捉われないメリットもあります。宗教に沿った葬儀や無宗教の形式などに捉われることがなく、家族ならではの葬儀が千葉で行えます。

家族葬の注意点!社会的な別れがなくなってしまう?

家族葬には様々なメリットがありますが、注意しなければならないポイントもあります。
家族葬は元々家族や近しい人物だけで故人を偲ぶ一つの葬儀の形ですが、そこには社会的な別れが行われないという意味もあるのです。いくら家族だけで故人を偲ぶものだといっても、故人には当然親友や知人などの知り合いがいるはずです。その人達も故人との別れを偲びたいと考えていても、家族葬によって直接偲ぶことが出来ない状態になります。さらに知人や友人へ故人が亡くなったことを連絡しないケースもある為、社会的な別れが希薄になってしまうので注意しなければならないでしょう。そういった家族葬の問題点を解消する為にも、友人や知人など故人と関係のあった人に家族葬になった理由や葬儀の様子の写真を送るのが得策です。