最近よく聞く家族葬とは?

家族葬とは千葉などで、家族のみまたは家族に加えて、ごく親しい友人を中心に行う葬儀スタイルの一つで、近年増加の傾向にあります。また、葬儀の規模がごく小さなものであることから、費用を抑えることができるという特徴があります。

エンディングノートのすすめ

千葉で行う家族葬は、もちろん家族の意向で行われることもありますが、本人の生前の意向により選ばれることも多くりあます。葬儀も、ある程度の規模のものをあげるとなれば費用もそれなりにかかってくるのは当然のことですし、多くの人が参列すればするほどに、遺族の心労は増えてしまうものです。このようなことへの配慮から、近年では、生前に本人の意思を明確にしておくことで、葬儀の規模を縮小することが増えています。自分の葬儀について何か思うことがある場合、エンディングノートを付けておくのがおすすめです。葬儀以外のことでも伝えたいことは何でも綴っておき、亡くなった後にすぐわかるような場所に置いておくか、信頼できる人に預けておきましょう。

家族葬の流れ

家族葬と決まっても、通夜や葬儀、告別式、火葬などは通常どおり行うことがほとんどです。付き合いのある菩提寺などに連絡をしてご都合を伺い、火葬場への予約状況、会場の空き状況によって葬儀の日時を決定します。また、葬儀屋の手配も必要ですが、病院で亡くなった場合には、思い当たる葬儀屋がなければ病院とつながりのあるところを紹介してもらうことも可能です。病院には遺体を長時間おいておくことができないので、自宅か安置所に一旦搬送し、翌日、納棺の上、葬儀場に搬送してお通夜となります。3日目には告別式をして、故人と最後のお別れをします。また、ここで初七日法要を繰り上げて行うこともよくあります。その後、火葬して遺骨を持ち帰ることになります。千葉での家族葬は定評があります。

家族葬の注意点

家族葬は最近こそよく耳にする葬儀スタイルですが、やはり高齢の方となると昔ながらの葬儀にこだわりのある人もいます。家族のみ、親しい人のみで葬儀をとりおこなうことを、故人の遺志のためなどの理由を話して、事前に理解しておいてもらうようにしておきましょう。また、当日に訃報を知った方などが不意に葬儀の参列に訪れて、遺族が慌ててしまうこともよくあります。訃報の中には、家族のみでとりおこなうことをお知らせするようにしておくと安心です。香典や供花、弔電などについても、辞退するかどうかも決めておいて、その旨付け加えると良いでしょう。また、家族以外の親しい人を呼ぶ場合、どこまで連絡するかもあらかじめ皆で話しあっておく必要があります。