親しい身内で静かに見送る「家族葬」

大切な人と最期のお別れをする場である葬儀ですが、大々的な見送り方をするのではなく、残された家族だけで静かに落ち着いた時間を過ごしたいと望む方々が増えてきました。そんな人々に選ばれている家族葬について、そのあり方や押さえておきたいポイントを紹介してゆきます。

密葬との違いは?

家族葬のように身内だけで、もしくは、亡くなった方とごく親しい間柄にあった友人のみを交えて、家族を中心に執り行われる葬儀というのは、じつは密葬という形で古くから行われていました。ただ密葬というのは、それだけで終わるわけではなく、かならず本葬と組み合わせて執り行われるものなのです。家族葬と同様の小さな葬儀が営まれるのですが、後日、「社葬」や「偲ぶ会」などといった形で、別のもっと大きな式を開くことになります。千葉などの家族葬は、その葬儀のみで故人とお別れをしますので、その点が両者の違いとなります。
この家族葬ですが、見送る側の遺族が希望する場合だけではなく、亡くなった方ご本人が、身内だけで静かに見送ってもらうことを望むケースが増えているのです。

家族葬で見送るとき

千葉などで家族葬をするにあたってのおおまかな手順や流れなどについては、一般葬との間にさほど大きな違いがあるわけではありません。基本的には、一般葬のように、その日程について知らせる案内状は不要なのですが、まったく誰にも知らせないということはめずらしく、故人の兄弟姉妹や近い親戚、そして近所の方々へは亡くなったことを伝えるのが普通です。その際に、家族葬で見送るので、参列を辞退してもらえるようにお願いします。また、葬儀の前には知らせなくても、家族葬を執り行ったことや、生前故人がお世話になったことなどへのお礼を書いた挨拶状を送るのが一般的になっています。また、香典を辞退する旨を伝えても送ってくる方がいるので、そういった場合は礼状を添えたお返しを用意することになります。

ほんとうに良心的な葬儀社は!

千葉で行う家族葬や、小さな葬式のプランを提供する葬儀社はたくさんあります。葬儀社に依頼する際の最重要ポイントは、分かりやすく説明してくれるかどうかという点です。通常、人は一生のうちに、そう何度も葬儀を執り行うわけではないので、慣れていない状態です。いくら詳しく書かれた見積書を渡されても、はたしてそれが適正なものかどうか判断するのは難しく、たとえ何か質問したくても、それすら思い浮かばない場合もあります。葬儀のプロであるスタッフは、そういった事情もよくわきまえているため、良心的な葬儀社でしたら、こちらから質問しなくても、利用者にとって分かりやすく、また誤解が生じないように説明してくれます。
葬儀に関しては、その性質上、必要がないときにはリサーチしづらいものです。しかし、いざという時にあわてないためにも、少しずつでも準備をしておこくことも大切です。